スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイリーがオスカーノミネート!

2012. . 29
シリウス役を演じられていたゲイリー・オールドマンさんが、「裏切りのサーカス」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされました!

ゲイリーファンとしてはとても嬉しい!

演技はとても素晴らしかったのに悪役が多かったのであまりそういった映画賞とかには縁がなかったこともあって、結構厳しいとは思いますがぜひ受賞してほしいです!
スポンサーサイト

シリウスと三姉妹 アンドロメダ編

2011. . 30
今回は三姉妹の次女、アンドロメダ・トンクス(通称・ドロメダ)編をお送りしたいと思います。

アンドロメダはなんとか7巻後も生き残っていくわけですが、実は初登場が7巻・上だったりして、しかも名前が初めて出たのも5巻・上だったりして、三姉妹の中では最も遅い登場で、本編を通しての重要性は低い方です。
そんなドロメダですが、シリウスは彼女のことを
「大好きだった従姉」
と呼んでいます(5巻上185ページ)
ところが6巻のスラグホーンの発言によると、アンドロメダはどうやらスリザリン寮出身のようです。マグル出身のテッド・トンクスと結婚したところを見ると純血主義ではなさそうですが、スリザリン出身ながら従姉としてシリウスに好かれたその理由を探ってみたいと思います。


個人的な意見として、ドロメダはシリウスに対して親たちにはバレないように密かに応援していたのではないでしょうか。あなたがいつも言っていることは正しいと思うし、表向きには黙っているしかないけれど、心から応援しているわ――のようにです。小さい頃、ドロメダは普段はおとなしく両親の言うことに従うままだったけれど、本当はシリウスの主張にその通りだと思っていたかもしれません。ドロメダがブラック家にいるのはシリウスがホグワーツに入学する前ですから、その頃のシリウスにとっては唯一の理解者だったのでしょう。そして、シリウスがホグワーツに入学する頃くらいに、ドロメダは駆け落ちしますが、いきなりそんな風に勇気を奮って家に反抗した理由の一つとして、シリウスの堂々とした態度に比べれば自分は臆病者だ、と思っていたからということも考えられるでしょう。

少なからず、シリウスはドロメダの生き方にも影響を与えていたはずです。

さて、そうなるとシリウスが「殺人鬼」としてアズカバンに投獄されてしまった時はどうでしょう。ドロメダがシリウスのことを話す描写は原作にまったく登場しないので、考えるのは難しいですけど、とりあえずは「信じられない、嘘だ!」となりますよね。そりゃシリウスがどんなに闇の魔術や純血主義を嫌悪していたか、小さい頃から一番近くで見てきたのですから。いくらダンブルドアとかの証言を聞いたとしても納得できるはずがありません。しかしそんな思いを誰にも話すことができず…そのまま12年が過ぎ、脱獄のニュースを聞いたドロメダ、もし娘のニンファドーラが闇祓いになっていたとしたら、娘からもシリウスについていろいろ聞いていたかもしれません。いくら信じられないことでも、もちろん娘の前では「シリウスは無実だと思う」なんて言えない。しかしそうこうしているうちに、その娘自身からシリウスは無実だったと聞かされたとしたら、ものすごく安堵したでしょう。シリウスはやっぱりシリウスだった、と。それからすぐに、シリウスの訃報を聞くことになるとは夢にも思わずに。。。

こう考えると、シリウスとアンドロメダが再会したという記述は全くありませんが、再会できていたらいいのに、とつくづく感じています。。。

シリウスは本当に「向こう見ず」なのか

2011. . 25
今日は私の大好きなシリウスについて。
シリウス=向こう見ず っていうのはもはや定説で、今さら何言ってんだ!って思われるかもしれないですけれどアズカバンを読み直していたらほんとに「向こう見ず」なんだろうかって思ったので、少し振り返ってみたいと思います。


そもそも、事の発端はリーマスの一言(3巻456ページ)

「話はすべてそこから始まる――わたしが人狼になったことから。わたしが噛まれたりしなければ、こんなことはいっさい起こらなかっただろう……そして、わたしがあんなにも向こう見ずでなかったなら……」

向こう見ず。実は最初にこの言葉が発せられたのはシリウスからではなく、向こう見ずからは程遠いように見えるリーマスだったんですね。あの冷静で慎重すぎるくらいのリーマスが学生時代の自分のことを向こう見ずだと言っているんです。


つまり青年期には誰しも向こう見ずになる、ということです。


ところがシリウスの場合はどうでしょうか。
ローリングさんもおっしゃっていましたけれど、シリウスは若いうちにアズカバンに幽閉されてしまったため、精神的な成長が止まってしまいました。スネイプの記憶からみても、もともとリーマスに比べたらシリウスって精神年齢低いですからね(笑)それが、さらに人為的に心の成長がとまってしまった、というのです。
つまり、シリウスの向こう見ずなところは、単なる性格だけではなく、誰もが経験するような青年期の心情が、10年以上たっても成長し変化することがないまま、定着してしまったのでないでしょうか。


だから、シリウスの死後のダンブルドアとハリーの会話(5巻639ページ)

「シリウスが屋敷の中にいることを、スネイプは――スネイプはちくちく突ついて――苦しめた。――シリウスが臆病者だって決めつけた――」

「シリウスは、十分大人で、賢い。そんな軽いからかいで傷つきはしない」

ダンブルドアはそんなこと言ってますけど、シリウスは本当に傷ついていたんですね。まだまだ心は20歳のままだったということです。でもスネイプだってダンブルドアだってシリウスが十分大人だって思っているんです。スネイプも分かってたらあそこまで言わなかっただろうし、何よりダンブルドアが分かってたらシリウスのことをもっと気にかけられるし、シリウスは死ななかったんじゃないかって思います。でもハリーは今自分が「向こう見ず」になっている時期ですから、シリウスの気持ちが自分の名付け親だってこと以上に理解できるんですね。


そんな風に考えると、シリウスが「向こう見ず」だとは必ずしも言えないですよね。

シリウスと三姉妹 ナルシッサ編

2011. . 12
今日は、シリウスと従姉たち三姉妹の関係について語ります。
で、今日は末っ子のシシーことナルシッサ・ブラック(マルフォイ)


日本語版の5巻・不死鳥の騎士団(37章634ページ)では
「(シリウス・)ブラックの従妹ののナルシッサ」
との記述があるため私はずっとシシーはシリウスより年下だと思っており
きっとシリウスは幼少の頃、少なからず何らかの影響を
シシーに与えていたんだと考えていました


ところが

wikiでシリウス、ナルシッサ、それぞれのページを見てみると
 シリウス   1959年生まれ
 ナルシッサ 1955年生まれ
つまりナルシッサはシリウスの“従姉”にあたるわけです


・シリウスによって実の妹みたいに可愛がられた
・流されやすい性格のシシーは、幼少の頃、シリウスの信念に憧れ、
 そのせいでベラにみっちり純血主義を叩き込まれた
・純血主義でも死喰い人にはならなかったのは
 シリウスとの思い出があったから
・関係が絶たれていた2人だが、シシーの婚約とシリウスの卒業に際して
 ホグワーツで最後の会話を交わす
・その時シリウスに「どんな息子を産んでもでも心から愛してやってくれ」
 と声をかけられ、シリウスの悲しい胸の内を改めてしり、思わずハグ
・これもあってシシーはドラコを溺愛
・その愛のおかげでホグワーツの戦いをも生き延びることとなる
今までのわたしの妄想の数々が、
あっけなく崩れ去った瞬間でした。。。
(夏休みとか2人が主人公のオリジナル小説とかのせるかも)


シリウスの生い立ちについては、
ローリングさんが細かく考えているというので
あくまで儚い私の推測ですが
ナルシッサとシリウスの間に本編には隠された
何らかの関係があったと思います。

5巻ではベラはシリウスのことを「ブラック」と呼んでいたのに対し
6巻冒頭のナルシッサは「(愛する)シリウス」と言っています。
場面から考えたら当たり前のことかもしれませんが、
これこそ私の妄想に火がついた瞬間でしたww

ベラからシリウスを殺したことを聞いたとき
ショックを受けたんじゃないでしょうか
(ドラコの任務ことですっかり忘れたかもしれないけど)

以前にも言いましたが
7巻後、シシー・ドロメダ姉妹の関係は修復したと信じています。
スコーピウス・マルフォイは家風に反発して育つ、
いわばシリウスタイプになるらしいので、
その時にナルシッサの口から
ドロメダやスコーピウス、テディに向かって
シリウスとの思い出が語られるんでしょうな。
きっとさらにドラコとルシウスは肩身が狭くなりそうw
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。