スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーピン先生甘党疑惑に際して忘れてはならない人物 前編

2011. . 19
今回はサイトや掲示板などでよく話題になり、リーマス・ルーピンにおける鉄板ネタとなりつつある「甘党疑惑」についてです。

前編では他でもないリーマス・ルーピンについて考えたいと思います。

とりあえず3巻からの考察です。探せばもっとあるかもしれないです、時間がないのでスミマセンm(__)m


証拠1
スネイプに煎じてもらった脱狼薬を飲むときの「砂糖を入れると効き目がなくなるのが残念だ」発言

私は脱狼薬が苦すぎるから砂糖を入れて飲みたいのかなあと思っていたのですが、この言い方だと他の薬を飲むときはいつも砂糖入れてます、という風にも聞こえる表現です(笑)
ここでスネイプと(かどうかは正確には分からないんですけども)リーマスのやりとりを想像してみると楽しいですね(笑)
「セブルス、この薬に砂糖を入れても大丈夫かい?」
「効き目がなくなっても、ルーピン、君がどうしても砂糖を入れたいなら勝手にするがよい。我輩としてはこの薬を煎じるためにどれだけの時間を無駄にしたことか少しは考慮して欲しいものだが」
「うっ……(←砂糖を入れられないショックで声が出ないw)」

証拠2
いつもチョコレートを持ち歩いている

これもディメンターに備えてかなあと思っていたのですが、たしかにろくにお金も持っていなかったはずなのに、(3巻のホグワーツに向かう汽車の中で)大きい板チョコを持っていたというのは、チョコレート大好きな証拠ですね('∀'●)

証拠3
ハリーにバタービールをごちそうする

ハリーは飲んだことないだろうとグラスを2つ用意するルーピン先生です。ここでハリーにの態度に不審そうに眉を動かすんですが(笑)普通人に薦めるものは自分も気に入っているわけですから、これでルーピン先生のバタービール好きも証明されました。


まとめ
これでリーマス・ルーピンが甘党だということはほぼ証明されました。あとはローリングさんの口から語られるのを待つばかりです。しかしハリポタを愛する皆さん、まさかリーマスだけが甘党とは思っていませんよね。うーん、甘い!もう一人リーマスよりもはるかに凄い甘党がいますよ。忘れないであげてください(笑)後編ではその人物の甘党っぷりをご紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://hariharine.blog67.fc2.com/tb.php/20-3da3c221
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。