スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.16 ブルーレイ&DVD発売!

2011. . 07
映画「ハリーポッターと死の秘宝PART2」のブルーレイ&DVDが11月16日発売されます!



早いですね~

なんとしてでも欲しいですね~

特にほしいのがこれ!


ハリー・ポッター 第1章~7章PART2 コンプリートBOX DVD!!


ハリポタDVDを一枚も持っていない私にとってはかなりありがたい商品!
さらに全シリーズの特典映像etcつき!
しかし初回限定生産ということは予約した方がいいということだろうか。。。
いや、やっぱりほしいですね(笑)




話が変わりますが、最近更新が滞りすぎていて申し訳ございません。
少なくとも週一で更新したいところです。がんばって更新します!
以前のテンプレートでは強調(太字)がブログ画面に反映されていなかったので、変えてみました。やっぱりこだわりの3カラムです(笑)。イメージとしては「ロンドン、グリモールド・プレイス12番地!」ですね。結構気に入っているので不備が見つからなければずっと使う気がします(笑)

それから、ポッターモアのことですが、一般公開が延期されてしまったそうですね。ベータ版の方も一時的に閉鎖されました(現在は復旧されています)。サーバー落ちしてしまうことが多々あったので、(これが結構予想外だったりして)そこらへんの調整をしているのでしょうか。日本語版が待ち遠しいです、、、といいたいところですが、英語版をやっていると自然と(というか必然的に)英語の学習になっているので、正直日本語版が出ても英語版を使い続ける気がします(笑)
実は、以前ポッターモアで遊んでいたところ、一時的なんですけどイキナリ日本語版に切り替わったことがあって、かなーりビビりました(笑)母国語の表示とて、なんか異次元にきたカンジでしたね^^

ダニエル・ラドクリフ、熱愛発覚!

2011. . 23
ちょっとルーピン先生の記事の後編書くのに資料集めが大変すぎるので(笑)、とりあえず別の記事を先に書いてしまおう、と決心しました。できれば連続して前編・後編を載せたかったのですが、、、なんせあの人の甘党ぶりといったら。。。

というわけでスミマセンでした涙


で、今日は新着ニュースをお届けします!今日のスーパーニュースでやっていたのですが、映画のハリーポッター役の俳優、ダニエル・ラドクリフさんに熱愛報道!お相手は同い年、22歳の画家で謎のプリンスからハリポタ映画の製作にも携わっていたというロザン・コーカーさん。とても美人です!結婚秒読み、という報道でしたが、まだそういうわけではなさそうです。

実はこの間フライデーでハーマイオニー役のエマ・ワトソンさんの路上キスが報道されたばかり、ということで次はロン役のルパート・グリントさんに期待がかかりそう!(でも、ルパート君はそんなに目立たないようにしてそうですよね、もしくは例のアイスクリームワゴンが恋人とかww)

ついでに、ハリーのパートナー、ジニー役の女優さん(ボニー・ライトさん)はハリポタ公開前から、確かトワイライトとかに出演されている俳優さんと結婚していたんですよね~、イギリスは成人が18歳だから自然と結婚も早くなるのでしょうか?



そんな感じで、恋愛がアツい、ハリーポッターの(元)子役キャストでした。

では頑張って、甘党記事・シリウスとベラの記事・ジニーの記事・セブルスの記事、書きあげてしまいたいと思います!

映画と原作を比べてみた 死の秘宝PART2

2011. . 05
いまさら映画のことでスミマセン。。。


ちょっと、、、というような原作と映画の相違点を見つけるのが目的のシリーズ(?)です。このままだと最終章からさかのぼっていく形になってしまいそうですが(笑)、テレビ放映があったら紹介するようにやっていきたいと思っています。(すでに最近放映されたばかりの、炎のゴブレット・アズカバンの囚人・謎のプリンスについては検討中です)

今回はハリーポッターと死の秘宝PART2の話です。

泣いてて覚えていないとこだらけですけど、、、なんとか頑張って書いてみます。


もちろんネタバレありです!ご注意を!







いいでしょうか。とりあえず不満をぶちまけてしまいますw
不満、というか原作とかなり異なっているところを語ってみます。


①分霊箱を探していることを公言するハリー・ポッター  
これちょっと問題ですよね。一番気になりました。ヴォルデモートにばれないようにダンブルドアが他言を禁じていてハリーたちもそれを守ってきていたのに。ハリーが堂々と言っているならスネイプ先生も分霊箱の事実を知っていたのかも、もちろん映画上の話ですが。。。

②ホグワーツの生徒に復帰した(ように見えた)チョウ・チャン
ハリーがホグワーツの必要の部屋に戻ってくるシーンありますよね。そこにチョウがいること自体はおかしくないんですけども、そのあとの大広間に全生徒が集められていてスネイプ先生が「ポッターを匿うやつには処罰を与える」的なことを言うシーンでは、チョウはもろに制服のローブを着て並んでいるんですね。チョウはハリーの1歳上ですからおかしいですよね。友達に教えられて気づきました。(このシーンでハリーもグリフィンドールの制服を着て紛れ込み、スネイプ先生に挑戦的に話しかけるんですけど、チョウは生徒に紛れ込む必要はないですよね)

③殺されてしまった(ように見えた)ラベンダー・ブラウン
原作のラベンダーはグレイバックに襲われそうになったところを救われましたね。ところが映画では、ガラス張りのボート小屋(原作では叫びの屋敷)に向かうハリーたち3人が見たものとは、、、襲われたラベンダー、しかも死んでいるように見える。。。私はラベンダーがどんな子か知らなかったのでよく見てなかったんですけど、友達に「あの殺されちゃった子、誰?」って思わず聞いてしまいました。

④粉々になったべラトリックス・レストレンジ
これこそ道徳的であり道徳的でない、ほんとうの恐怖のシーンです(笑)ベラトリックスはモリーの呪文を胸に受けたことで死にますが映画では、、、ベラは、モリーによって石化され呪文により粉々にされてしまいます。。。そしてそのあと、勝ち誇った顔でモリーは笑います。はっきり言って恐ろしい。いくら悪者とはいえ、映画・不死鳥の騎士団のハリーと違ってベラを簡単に殺してしまうモリーが怖いです。

⑤魂の破壊を何となく感じるヴォルデモート卿
これは、、、映画の演出上は仕方ないかも。魂が破壊され、魔法の力がどことなく弱くなっていることに気づいている模様です。原作では、魂を分けすぎていて気づいていないことになっていたのですが。

⑥ルーナに恋をしていたネビル・ロングボトム
ネビルが「ルーナが好きなんだ!」と叫ぶシーンがあります。そんなこと原作には書いてありません。ネビルはハンナ・アボットと結婚しましたし。映画の19年後のシーンで、もちろんネビルは教師なのでキングズクロスのホームにはいませんがルーナはいるので別々の人と結婚した、ということでよさそうです。映画上の話から考えると、ルーナはネビルを振ったんでしょうか(笑)

⑦稲妻の傷が消えたハリー・ポッター
これについては、私も一緒に見た友達も気づかなかったので信憑性は確かではありませんが、どうやら19年後のシーンではハリーの額の傷は消えていたそうです。それってどうなんでしょうか。原作の最後の一行が帳消しになっちゃいますよね、額の傷が19年間痛まなかったのは消えていたからだよ~、なんてことにはしないでほしいですが、、、映画だから仕方ないんですかね。


思い出したことをどんどん書いていたらちょうど7個になりました、イチバン強い魔法数字!

もう一回見に行ったり大事なこと思い出したりしたらまた記事にしたいと思っています。それと、もちろん上の7カ条は相違点の一部ですので、、、私の勝手な厳選です。もっと小さな事なら山ほどあって書ききれないと思われます(笑)

最終章は最高傑作~死の秘宝PART2 レビュー

2011. . 17
ついに「ハリーポッターと死の秘宝PART2」見ました!!

最高!!

しかも途中から号泣してしまった。。。


いや、、まだ見てない方もいるかもしれないし、

ここからはネタばれOKな方だけ見てください









私は3D字幕で見ました

3Dについては、う~ん、あんまり飛び出てなかった
(むしろ、本編前のコマーシャルのほうが本格的な3D)

3Dとか苦手な人でも全然大丈夫
でもそんなことはもう、泣くのに3Dメガネが邪魔だったww


何が泣けるって

スネイプ先生、、、!!
あんな純愛って存在するんだろうか。。
死に際にハリーの目を見て、
「リリーの目にそっくりだ」
ってつぶやくんです。。
頬に、一筋の涙が流れ、
ハリーにこれをとれとささやく。。

スネイプの記憶の中で原作には登場しないシーンがあるんですが
そこで涙がぽろぽろと、、、
――リリーが殺された直後、セブルスはポッター家に入っていく
破壊された部屋の中でリリーの亡骸を目の当たりにした彼は、、
リリーを抱きしめて嘆く。。

報われない純愛をこれほど美しく描けるだろうか

今まで表情をまったく変化させなかったスネイプ先生が
涙を流し、生涯をかけてひとりの女性を愛した
その姿が胸をしめつける。。。

アラン・リックマンさんの演技がとても素晴らしかった


もっとも私が泣いたのは
実はここじゃなくて、蘇りの石のシーンです

森でハリーが
現れた4人(リリー、シリウス、リーマス、ジェームズ)を見て尋ねる

「どうして皆がここいいるの」

リリーは答える

「ずっといたわ」

シリウスもまた、「アズカバンの囚人」での台詞を繰り返すように
ハリーの胸を指さして

「私たちはいつでも“ここ”にいる」

という。。



せりふあいまいだけど確かこんな感じだった



とにかく泣けました。。

ほかもすごく良かった。。

みんな絶対にみたほうがいい

もう一回見たい

と、思いました


少なくとも映画見てこんなに感無量になったのは

これが初めてです

べラがイケメンすぎるお話

2011. . 12
連続して2つの記事書くなんて申し訳ないんですが、
許してくださいませ。


さっき「ポッターマニア」を見ていたら、
べラトリックス・レストレンジ ver.の映画のポスターを見つけまして、
思わず、、

ベラって超かっこええ!!!(←心の叫び)

私はもともとヘレナ・ボナム=カーターさんのことが
とっても面白い人柄だってことで、大好きで、
数ヶ月前にベラ役やってるって聞いた時からずっと興奮していて、、
もうあのポスターみたら、もうもうなんてイケメンなんぞよと!
あの瞳!あの唇!あの髪!かっこよすぎでしょう!!

そうそう、今日初めてCMでハリポタの予告みました。
私もハリポタの映画、7月中には友達と見に行く予定です。


ああ、このブログはもっと論理的なことを語るつもりだったのに、、、


寝れない。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。